破産とは

自己破産について説明します。

自己破産は、裁判所によって全ての債務を免除してもらう手続きです。つまり裁判所の力によって免責してもらうわけですね。裁判所が免責を許可すると、税金等の例外を除いて全ての債務の返済を免れることができます。

自己破産をすると、自らが持っている財産はお金に換えられて、債権者に配当されることになります。必要最低限の財産以外は全て換価されて配当(返済)に回されます。

自己破産のメリットは、債務の支払い義務が免除されるというところになりますが、デメリットにはどのようなものがあるでしょうか。まず、自己破産から10年くらいは借入を行うことができなくなってしまいます。それから、住所と氏名が官報に掲載される、一部の士業(弁護士や会計士)や職業に就けなくなるという決まりがあります。

「破産」と聞くと、人生の終わりのようなイメージをもつ方がいますが、それはまったくの誤りで、人生の再スタートを切る為の手段なんですね。
自己破産は借金を帳消しにする最後の手段ですが、この手段を検討しなければならないところまで追いつめられるようなことにはなりたくないですよね。このブログでは不動産投資の情報を発信していますが、不動産投資には大きなお金が必要となってくるだけに、自己破産というものについては最低限知っておく必要があるでしょう。