不動産投資で破産しやすいパターン

不動産投資失敗で破産しやすいパターンがあります。ここでは、破産に追い込まれるかもしれない危険な不動産投資のパターンについてご紹介します。

まず最初に挙げられるのが家賃収入の割に返済金額が多いパターンです。つまり返済比率が高いパターンですね。
早く借金を返したいという気持ちはわかるのですが、例えば本業を失ってしまったり、物件から入居者が去ってしまったりすると一気に苦しくなってしまいます。ローンの返済や税金の支払いが滞ってしまうと、一気に破産にまで追い込まれてしまいます。この恐ろしさがお分かり頂けるでしょうか。急転直下とはまさにこのことでしょう。今までうまくいっていただけに、このような急な問題の発生にはパニックになって冷静に対処ができないかもしれません。返済額は余裕を持つことが大事です。借金を早く返そうという気持ちが、マイナスに働くこともあるということを是非知っておいて下さい。

次に紹介するのは、不動産会社の口車に乗せられてしまうパターンですね。おいしい投資の話というのはそうそう転がっていません。不動産業者が必死になって売り込みをかけてくるということは、売り込みをかけなければ売れない物件だということの表れといえるでしょう。そもそも、魅力的な物件であれば不動産会社が既に買っていると思いませんか?営業マンが電話をかけてきたり、自宅にわざわざ訪問してきたり、こういった場合に、安易に投資先を決めてしまうのは非常に危険です。これは、非常によくある不動産投資の失敗パターンのようです。


次に十分な比較検討をしないというパターンですね。物件を2、3件見て購入を決めるというのは絶対にやめた方が良いでしょう。たくさんの物件を見て、情報を見て、そしてしっかりと比較検討していくということが非常に大切です。

また、ひどい人の場合だと物件を見ずに購入を決めてしまう場合もあります。医者や公務員などの方に多いようですね。これは結構ぶっちゃけ話なのですが、不動産業者というのは医者や公務員の人を積極的に狙って売り込みをかけるそうです。その理由は「世間知らずでありながらお金に余裕があり売りやすいから」だそうです。